教育同人社TOP > 会社案内 > 大学との共同研究等

学校現場で先生方がより使いやすく教育効果のある教材や、教材の活用方法について、大学等との共同研究に積極的に取り組み開発しています。
ここでは、共同研究の成果の一部をご紹介いたします。
※所属は論文発表時のものです。

東北大学大学院・堀田龍也研究室との共同研究(学校教材のデジタル化対応に関する研究 等)

学校教材を活用した指導法の研究および普及を行う。あわせて、より良い学校教材開発に資するための誤答分析や、教員による採点の実態調査等を実施する。

■小学生の漢字書き取りにおける誤答の分布および教員の採点における重要度に関する分析(2015)

著者:堀田龍也(東北大学大学院)、中沢美仁(富山大学)、長勢美里(上市町立上市中央小学校)、山口直人(教育同人社)、高橋 純(富山大学)

小学校3-6年生児童を対象として漢字書き取りテストを実施した。475名の児童の回答を15の誤答パターンに類型化したところ、「つけるべき所を離している」「はねるべき所をとめている」に属する誤答の出現率が高かった。小学校教員に対して15の誤答パターンを提示し、漢字書き取りの採点時にどのぐらい重視して採点しているかについて調査した。952名分の有効回答から、それぞれの誤答パターンに対する教員の重要度が得られた。これらの結果から、デジタル教材を開発する際の指針を検討した。
(日本教育工学会研究報告集、JSET15-3、pp.175-182 掲載)

論文はこちらからPDFでご覧いただけます

※日本教育工学会 投稿規定2-3にもとづき、著者の山口が所属する組織のWebサイトで公開するものです。

東京学芸大学・高橋純研究室との共同研究(新学習指導要領に対応した教材開発 等)

2018年度研究テーマ…児童が学習過程を身に着けるためのツール(シール)の開発。
2017年度研究テーマ…教員志望の学生を対象とした、小学生向け漢字ドリル指導法を学ぶための講義パッケージの開発。
2015年度研究テーマ…教員の経験年数や漢字指導法、ICTを活用した漢字指導について実態調査を行い、それらの指導法と児童の漢字の読み書きの正答率との関係を分析する。

※2015年までは富山大学 高橋純研究室との共同研究。

■小学生向け漢字ドリル指導法を教員志望学生が学ぶための講義パッケージの開発(2018)

著者:仲間 妙(東京学芸大学)、佐藤和紀(常葉大学)、梶本佳照(新見公立短期大学)、磯崎ひろみ(教育同人社)、高橋 純(東京学芸大学)

教員が授業場面での漢字の具体的な指導法に悩んでいるという先行研究等をもとに、教員志望の学生を対象とした、小学生向け漢字ドリル指導法を学ぶための講義パッケージを開発し実施した。その結果、漢字ドリル指導の自信向上が見られたほか、開発した講義パッケージが漢字ドリル指導のイメージを具体的に伝えることに効果的なことが示唆された(本研究は、日本教育工学研究協議会で報告した内容を加筆・修正したものです)。
(日本教育工学会論文誌、42(Suppl) 採録決定)

■児童が学習過程を身につけるための学習シールの活用(2018)

著者:高橋 純(東京学芸大学)、佐藤和紀(常葉大学)、横溝卓也(さいたま市立北浦和小学校)、水谷年孝(春日井市立出川小学校)、安里基子(東京学芸大学)、青木栄太(内田洋行)、清水悦幸(教育同人社)

主体的な学習活動を通して、児童に思考力・判断力・表現力等を育むためには、あらかじめ児童が学習過程を身に付けておくことが望ましい。そこで学習過程を意識しながら繰り返し学習をするための学習シールを活用する実証実験を行った。その結果、多くの教科等で日常的に活用され、教員は効果を感じていることが明らかとなった。
(日本教育工学会第34回全国大会講演論文集 JSET34 ,pp,765-766 掲載)

論文はこちらからPDFでご覧いただけます

※日本教育工学会 投稿規定2-3にもとづき、著者の清水が所属する組織のWebサイトで公開するものです。

■教員養成大学において小学生向け漢字ドリル指導法を学ぶための講義パッケージの開発(2017)

著者:仲間 妙(東京学芸大学)、佐藤和紀(常葉大学)、梶本佳照(新見公立大学)、磯崎ひろみ(教育同人社)、高橋 純(東京学芸大学)

教員志望の学生を対象に、小学生向け漢字ドリル指導法を学習するための講義パッケージ(漢字ドリルの基礎知識を学び、模範授業映像の視聴後、指導法を練習する)を開発し実施した。その結果、漢字ドリル指導の自信向上が見られたほか、開発した講義パッケージが漢字ドリル指導のイメージを具体的に伝えることに効果的なことが示唆された。
(第43回 全日本教育工学研究協議会全国大会 和歌山大会、講演論文集 pp315-318 掲載)

論文はこちらからPDFでご覧いただけます
■教員の経験年数や漢字指導法が児童の漢字読み書きの正答率に及ぼす影響(2015)

著者:高橋 純(富山大学)、長勢美里(上市町立上市中央小学校)、中沢美仁(富山大学)、山口直人(教育同人社)、堀田龍也(東北大学大学院)

漢字の読み書きは学力の基礎として重要視されているものの、教員は具体的な漢字指導法について悩んでおり、様々な指導法のうち、何が効果的なのかも明らかとなっていない。本研究では、教員の経験年数や指導実態が児童の漢字読み書きの正答率に及ぼす影響について検討した。結果、読み書きの正答率は、教員の経験年数、ICT活用歴及び漢字指導におけるICT活用頻度と関係がみられなかった。また、教員の経験年数が長いほど頻度の高い漢字指導法がみられたが、それらを用いることで、児童の漢字読み書きの正答率が高くなるとは認められなかった。
(富山大学人間発達科学研究実践総合センター紀要 教育実践研究 No.10:53−60 掲載)

論文はこちらからPDFでご覧いただけます
■小学校教員の各漢字指導法の指導頻度と児童の漢字読み書きの正答率の関係(2015)

著者:高橋 純(富山大学)、長勢美里(上市町立上市中央小学校)、中沢美仁(富山大学)、山口直人(教育同人社)、堀田龍也(東北大学)

小学校教員を対象に各漢字指導法の指導頻度や、児童を対象に漢字の読み書きの正答率、教員の経験年数等を調査した。それらの結果から、教員の各漢字指導法の指導頻度、教員の経験年数やICT活用が、児童の漢字読み書きの正答率に、どのような影響を及ぼすかについて検討した。その結果、読み書きの正答率は、教員の経験年数、ICT 活用歴及びICT の漢字指導における活用頻度と関係がみられなかった。また、教員の経験年数が高いほど頻度の高い漢字指導法がみられたが、それらを用いることで、児童の読み書きの正答率が高くなるとは認められなかった。
(日本教育工学会研究報告集 15(3), 167-174, 2015-07-04 掲載)

論文はこちらからPDFでご覧いただけます

※日本教育工学会 投稿規定2-3にもとづき、著者の山口が所属する組織のWebサイトで公開するものです。

東北学院大学・佐藤正寿研究室との共同研究(見方・考え方を育てる教材開発)

小学校5・6年生において、社会科教科書で扱われる重要資料の「社会的な見方・考え方」を育成する「資料読解ワークシート」の開発を行う。

■小学校5年生社会のグラフ資料の読解における教師の発話に関する考察(2018)

著者: 佐藤正寿(東北学院大学)、堀田龍也(東北大学大学院)

扱われる統計資料数や指導内容が増える小学校5年生の社会科を対象とし、特に資料の読解場面における教師の発話に着目して、その具体的な発問・指示等について調査を行い、結果を分析し、目的別の発話の割合や内容の傾向を明らかにした。その結果、グラフの基本的項目を確認する発話が多く見られたほか、グラフの種類や特徴に応じて発話を類型化できることが示唆された。
(日本社会科教育学会全国大会発表論文集第14号、第68回全国研究大会、pp.220-221 掲載)

論文はこちらからPDFでご覧いただけます

研究者や、現職教員の先生方との研究会・プロジェクト活動を通して、全国の学校現場の優れた実践紹介や、教材活用法に関する書籍を編集・発刊しています。
※所属は書籍発刊時点のものです。

理科重要観察・実験の指導法50選 3・4年生

発売日:2016年10月10日
監修:堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科・教授)
編著:齋藤俊明(群馬県藤岡市立藤岡第二小学校・校長)、
   笠原晶子(群馬県前橋市立城南小学校・教頭)

観察・実験は、理科における問題解決の中核に位置付けられる体験的な活動です。また、観察・実験を行う前に予想や仮説を立てること、行った後に結果について考察することが、科学的な思考力や表現力の育成のために何より重要ですが、一定の時間が必要となります。
本書は、観察・実験の指導場面において、その手順やポイントを教師が短時間で分かりやすく説明し、その後の観察・実験から理科の本質に迫る思考を導くことを目的として企画されました。小学校中学年から始まる理科の指導は、若手の先生が配属される学年でもあり、苦手に思う先生が多い教科です。主に理科の指導があまり得意でないという先生方に向け、重要な観察・実験のポイントを50点厳選し、効果的な学習と指導方法をお伝えします。

理科重要観察・実験の指導法60選 5・6年生

発売日:2016年3月18日
監修:堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科・教授)
編著:齋藤俊明(群馬県藤岡市立藤岡第二小学校・校長)、
   笠原晶子(群馬県前橋市立城南小学校・教頭)

観察・実験は、理科における問題解決の中核に位置付けられる体験的な活動です。また、観察・実験を行う前に予想や仮説を立てること、行った後に結果について考察することが、科学的な思考力や表現力の育成のために何より重要ですが、一定の時間が必要となります。
本書は、観察・実験の指導場面において、その手順やポイントを教師が短時間で分かりやすく説明し、その後の観察・実験から理科の本質に迫る思考を導くことを目的として企画されました。主に理科の指導があまり得意でないという先生方に向け、重要な観察・実験のポイントを60点厳選し、効果的な学習と指導方法をお伝えします。

社会科の達人が推薦する 社会科重要資料の指導法30選 6年生

発売日:2015年5月1日
監修:堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科・教授)
編著:新保元康(札幌市立幌西小学校・校長)、
   佐藤正寿(岩手県奥州市立常盤小学校・副校長)

小学校高学年で取り扱う資料は、社会的背景が理解できていないと読解できない資料も多くあります。つまり、資料の読解を児童の自力に任せるのではなく、教師による説明や、分析の観点の提示などが必要となります。しかし、現実的にはそのような指導を全ての資料に行う指導時間はありません。本書は、小学校高学年の資料の読解の指導場面において、短時間で確実に読解させ、かつ社会科の本質に迫る思考を導くことをめざして企画されました。特に、社会科の指導があまり得意でないという先生方に向け、厳選した30点の資料について、資料の読み解き方、指導事例案を丁寧に解説しています。

社会科の達人が推薦する 社会科重要資料の指導法30選 5年生

発売日:2015年3月1日
監修:堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科・教授)
編著:新保元康(札幌市立幌西小学校・校長)、
   佐藤正寿(岩手県奥州市立常盤小学校・副校長)

小学校高学年で取り扱う資料は、社会的背景が理解できていないと読解できない資料も多くあります。つまり、資料の読解を児童の自力に任せるのではなく、教師による説明や、分析の観点の提示などが必要となります。しかし、現実的にはそのような指導を全ての資料に行う指導時間はありません。本書は、小学校高学年の資料の読解の指導場面において、短時間で確実に読解させ、かつ社会科の本質に迫る思考を導くことをめざして企画されました。特に、社会科の指導があまり得意でないという先生方に向け、厳選した30点の資料について、資料の読み解き方、指導事例案を丁寧に解説しています。

春日井市・出川小学校の取り組み 学習規律の徹底とICTの有効活用
〜わかりやすい授業の実現をめざして〜

発売日:2015年2月20日
監修:堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科・教授)
共著:春日井市教育委員会、春日井市立出川小学校

平成19年度に開校した出川小学校は、春日井市内のICT基幹校としてICT機器が整備され、各教室で日常的に実物投影機や大型テレビが使われてきました。平成23年度からは春日井市の学習指導の研究指定校となりましたが、当時は統一された学習指導の考え方や学習規律が整っていなかったという課題も持っていました。本書は、出川小学校が堀田龍也先生の研究指導のもと、「学習規律の徹底」と「ICTの有効活用」に取り組み、授業改善に成功した事例を紹介するものです。

子どもが伸びる ドリル・テストの使い方

発売日:2015年2月16日
監修:堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科・教授)
協力:学校教材活用指導法研究会

学校教材は長年にわたり多くのベテランの先生の声を活かして作られてきました。すなわち、「できる先生」の知恵と工夫がつまっているのです。また、「できる先生」は教材を上手に活用して子どもたちの力を伸ばしています。本書では、そんな学校教材の仕組みを授業や指導に役立てていただくため、ドリルやテスト、関連した教材のつくりや特長、連動のしくみを説明しています。

そうだったんだ!学校教材B ベテラン先生直伝 ワークテストの活用法

発売日:2014年8月25日
著者:学校教材活用指導法研究会
監修:堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科・教授)

同じ学校教材を使っているのに、ベテラン先生の学級と比べて基礎基本の定着に差がある…そんな困った状況を打破するために本書のシリーズが企画されました。現役先生による的確な指導のコツが何通りもあるので、自分の学級に合った指導法を探すことができ、こんなこと聞いていいのかな、というようなちょっとしたことがヒントになる、若手教師必読本です。

そうだったんだ!学校教材A ベテラン先生直伝 計算ドリルの活用法

発売日:2014年4月25日
著者:学校教材活用指導法研究会
監修:堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科・教授)

同じ学校教材を使っているのに、ベテラン先生の学級と比べて基礎基本の定着に差がある…そんな困った状況を打破するために本書のシリーズが企画されました。現役先生による的確な指導のコツが何通りもあるので、自分の学級に合った指導法を探すことができ、こんなこと聞いていいのかな、というようなちょっとしたことがヒントになる、若手教師必読本です。

藤の木小学校 未来の学びへの挑戦
フューチャースクール推進事業・学びのイノベーション事業 実証研究校の歩み

発売日: 2014年4月1日
著者: 広島市立藤の木小学校
監修: 堀田龍也(東北大学大学院情報科学研究科・教授)

総務省による「フューチャースクール推進事業」、および、文部科学省による「学びのイノベーション事業」に指定された10校の小学校の中でも、数多くの授業公開を行い、多くの実践を生み出した藤の木小学校。本書は、同校がタブレットPCやデジタル教科書の利活用を3年間にわたって実践した記録です。

そうだったんだ!学校教材@ ベテラン先生直伝 漢字ドリルの活用法

発売日:2014年2月10日
著者:学校教材活用指導法研究会
監修:堀田龍也(玉川大学教職大学院・教授)

同じ学校教材を使っているのに、ベテラン先生の学級と比べて基礎基本の定着に差がある…そんな困った状況を打破するために本書のシリーズが企画されました。現役先生による的確な指導のコツが何通りもあるので、自分の学級に合った指導法を探すことができ、こんなこと聞いていいのかな、というようなちょっとしたことがヒントになる、若手教師必読本です。

足代小 フューチャースクールのキセキ
平成22年度〜24年度総務省フューチャースクール推進事業での授業実践記録

発売日:2013年7月1日
著者:徳島県東みよし町立足代小学校
監修:堀田龍也(玉川大学教職大学院・教授)

ある日、児童分のタブレットPCが学校にやってくる。電源は?設備は?インターネットは? これらの問題に一から取り組んだICT環境づくりの情報が満載。さらに、ICT活用を普段の授業に取り入れる先生方の実践の記録は、近い将来の教室の姿かもしれません。平成22年度〜24年度 総務省フューチャースクール推進事業に指定された全国10校の小学校の1つである、足代小学校の授業実践記録です。
「概要編」では学習環境について、「実践編」では実際に授業の指導をした先生方の取り組みを22例報告しています。

ページトップへ