教育同人社TOP > 会社案内 > ニュース > 食材が調理により変化する「調理科学」の面白さを学ぶ「食育教材」をクリナップより受託開発〜調理実験を通して『食育』を楽しく体験〜

【プレスリリース】

2016年7月22日
株式会社教育同人社


食材が調理により変化する「調理科学」の面白さを学ぶ
「食育教材」をクリナップより受託開発
〜調理実験を通して『食育』を楽しく体験〜

  株式会社 教育同人社(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:森 達也)は、クリナップ 株式会社(所在地:東京都荒川区、代表取締役社長:井上 強一)より委託を受け、食材が変化する「調理科学」をキッチンの調理実験から学べる「食育教材」を企画・開発しました。

『わくわくキッチン!たべもの へんしんきょうしつ』教材
詳細URL:http://www.djn.co.jp/company/development/cleanup.html

■教材開発の経緯

 長年にわたり子ども向けの学校教材を企画・開発してきた当社の「わかる教材」をつくる技術が学校以外の分野でも高い評価を受け、近年、国内外の教育機関や中央省庁・大手企業からオリジナル教材の企画・開発や教材を活用した研修会の運営などの依頼が増えています。
 オリジナル教材開発: http://www.djn.co.jp/company/development.html

 そのような中、クリナップ株式会社から昨年10月に引き続き調理科学教室用の第二弾の教材開発を受託させて頂くことになりました。

■教材の内容

 本教材はクリナップ社様の調理科学教室『わくわくキッチン!たべもの へんしんきょうしつ』の教材として企画・開発されたもので、食材が調理により変化していく「調理科学」の面白さを「砕く」・「こねる」・「加熱する」・「触る」・「嗅ぐ」・「聴く」・「見る」・「食べる」といった「調理実験」を通して子どもたちに伝え、食材や調理に興味を持つことで『食育』を楽しく体験しながら学ぶことができる内容になっています。教材には保護者用プリントも含まれているので、自宅に帰ってから親子で一緒に「調理科学」を学ぶこともできます。
 「調理科学」を通して『食育』を学ぶと共に、「自ら挑戦する気持ちをもつこと」・「協力する」・「約束を守る」・「譲り合う」などの社会性を育みます。

■教材概要

タイトル: わくわくキッチン!たべもの へんしんきょうしつ
監  修: 渋川 祥子 (横浜国立大学 名誉教授)
対  象: 幼稚園年長〜小学校3年生(5〜9歳)程度
構  成: 児童用ワークシート/シール・保護者用プリント・講師用フローチャート・提示用DVDほか
内  容: 日本人に欠かせない食品「米・大豆(おこめとだいず)」編
体に欠かせない食品「野菜・卵(やさいとたまご)」編
加熱方法の違いと撹拌による変化を知る「加熱・混ぜる(かねつとまぜる)」編
香りによる味の変化と調味料の適量を知る「味・香り(あじとかおり)」編

■調理科学実験教室『わくわくキッチン!たべもの へんしんきょうしつ』について

開催日 : 2016年8月6日(土)・7日(日)・27日(土)
開催場所: クリナップ・キッチンタウン・東京(新宿ショールーム)
対  象: 幼稚園年長〜小学校3年生(5〜9歳)程度
アクセス: https://cleanup.jp/showroom/info/kanto/shinjuku.shtml
定  員: 各日12名
協  力: 東京家政学院大学 現代生活学部 健康栄養学科 酒井ゼミ
参加費 : 3,000円(税込)
お申込み: 下記のURLにて申込要項をご確認の上、お申込みください
https://cleanup.jp/oikura/event/waku.shtml

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社 教育同人社 企画部メディア推進室
担当 : 柏木・井手
Tel : 03-3971-5151(代表)
お問い合わせフォーム : https://www.djn.co.jp/form/pub_e/

ページトップへ