教育同人社TOP > 会社案内 > ニュース > 1人1台タブレットPC活用の実践と効果測定の報告書を発刊

【プレスリリース】書籍発刊のお知らせ

2016年7月1日
株式会社教育同人社


『One to Oneへの道』発刊
1人1台タブレットPC活用の効果測定と教育委員会・学校の挑戦
〜ワンダースクール応援プロジェクト 成果報告書〜

 株式会社 教育同人社(所在地:東京都豊島区、代表取締役社長:森 達也)は、公益財団法人パナソニック教育財団(所在地:東京都港区、理事長:小野 元之)の設立40周年記念事業『ワンダースクール応援プロジェクト』http://www.pef.or.jp/22_40th/wonder/index.htmlの成果報告をまとめた書籍『One to Oneへの道』http://www.djn.co.jp/educational/edu_160715.htmlを発刊します。


amazon.co.jpで買う

■本書の内容

 本書では4つの自治体の教育委員会と実践校が2年間にわたって行った 1人1台タブレットPCの未来型授業の実践の成果を各校のアドバイザーである大学の研究者の解説とともに紹介しています。
 また、東京工業大学学長相談役・名誉教授の清水康敬先生がタブレットPC導入の有無による学習成果について検証・分析し、ICT活用と学力向上・協働学習の関連性について興味深いエビデンスを示されています。学力測定には教育同人社発行の単元テストが使われました。単なる実践報告ではなく、今後のICT活用の指針になる意義深い1冊となっています。

■書籍概要

○編著:清水康敬 (東京工業大学 学長相談役・名誉教授)
○監修:公益財団法人 パナソニック教育財団
○発行:株式会社 教育同人社 ○ISBN 978-4-87384-163-2
○発行日:2016年7月15日(予定)
○B5版216ページ・カラー ○定価:1,500円(税別)

■『ワンダースクール応援プロジェクト』について

 本プロジェクトは4つの自治体とパナソニック教育財団が共同で『One to One』(1人1台タブレットPC)の未来型授業の設計・実践を大学の研究者がアドバイザーとなり実践校に対して助言を受けながら行い、その学習効果や21世紀型学力との関連を実証研究したプロジェクトです。
 4つの自治体と助言を行ったアドバイザーは以下の通りです。

自治体実践校アドバイザー
富山市(富山県)富山市立芝園小学校東京学芸大学 教育学部 総合教育科学系 高橋 純 准教授
春日井市(愛知県)春日井市立出川小学校東北学院大学 教養学部 稲垣 忠 准教授
奈良市(奈良県)奈良市立佐保小学校奈良教育大学大学院 教育学研究科 小柳 和喜雄 教授
柏市(千葉県)柏市立大津ヶ丘第一小学校武蔵大学 社会学部 中橋 雄 教授

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社 教育同人社 編集部
担当 : 松原
Tel : 03-3971-5151(代表)
お問い合わせフォーム : https://www.djn.co.jp/form/pub_e/

ページトップへ