書き込みシート

実物投影機で映した資料に、書きこんで説明したいときはありませんか?
書きこみたいけど、電子黒板がないから無理と思っていませんか?

教育同人社の「書きこみシート」があれば、
資料に直接書きこむことなく、書きこみながら
実物投影機で見せることができます。

  • えんぴつや赤えんぴつで書いて、消せる!
  • ホワイトボード用マーカーで書いて、
    消せる!
  • テスト用サイズは、ワークテストに
    ピッタリな大きさ!

書き込みシート

  • A4版 6枚入り1,200円(税別)型番:KSA4
  • テスト用 3枚入り1,200円(税別)型番:KSTS
ご購入はこちらから

※ご注意ください
油性インクの印刷物をはさむ場合は、揮発する有機溶剤によりシートがカールすることがあります。
教材や印刷物を、シートにはさんだままにしないでください。

先生からのご感想

使い方動画

ご購入はこちらから

先生からのご感想

資料に書きこんで説明したい時って、
けっこうあるんです。

  • 地図や資料集の見てほしい場所に印をつければ、
    ずっと指さしてなくても大丈夫ね!
  • 教科書やドリルの図形に補助線を書きこんで、
    面積や体積の求め方を説明したい時
    とても便利!
  • 特に、えんぴつで書きこめるのがとても
    便利。定規を使ったり細かい数字を書きこむ
    こともできるから。

書きこんだ内容を残して後から使うこともできるから、
複数枚ほしくなりますね。

  • 書きこみシートを複数枚用意しておくと、何度も消す手間が省けるし、前に書いた
    内容を再度使うことができる
    のが、思いのほか便利!

えんぴつで書きこめるシートってところがすごい!

  • 漢字指導で大切な、「はね」や「はらい」を
    伝えるのは、やっぱりえんぴつを使いたい
    んです。
  • 書き心地がすごくいいし、きれいに消せる
    ところもすごい。

スクリーンに書くときより消すのが楽です!

  • 実物投影機で映したスクリーンにも書ける環境ですが、スクリーンは消すのが大変。
    でも、書きこみシートはさっと手元で消せるのでとても楽です。

2枚のシートが圧着されているから、資料がずれなくて
使いやすい
です。

  • 資料に重ねて書くときに、シートがずれてしまうことがないので使いやすいです。
  • テスト用は「ワークテスト」にピッタリの大きさなので、全体を見せるときにも
    使いやすいです。

ご購入はこちらから

ICT活用ガイド トップページへ 学校教材×ICT 活用事例サイト

こちらで紹介している内容のご質問等は以下までお問い合わせください。

お電話の場合は
[フリーダイヤル]いーな、はなまる-0800-170-8700
E-mailの場合は
eigyosupport@djn.co.jp