教育同人社TOP > 会社案内 > 創造性と先見性

現場の先生方の声と同様に教材づくりの際に大事にしていること。それは「創造性」と「先見性」。独自視点での企画開発に積極的に取り組んでいます。

創造性と先見性

創造性と先見性をもった独自視点の教材づくり

教育同人社は創造性と先見性をもった独自視点の教材づくりに取り組んでいます。
今ではワークテスト教材のスタンダードになっている『プラスワンテスト』も、発刊当時は否定する声が少なくありませんでした。『プラスワンテスト』は現在では児童生徒の学力と学習意欲を高める画期的な教材として、先生方の間で高く評価され、全国の小学校で広く活用されています。
『プラスワンテスト』以外にも創造性と先見性をもって企画開発された教材が多数あります。

例えば教師用『計算ドリルノート』には、解答だけでなく答えに至る計算の過程も掲載しています。計算の過程を確認することは、つまずきの原因を児童が自分自身で見極めることにつながります。これは他社のドリルノートにはないもので、正しく計算している児童のノートを実物投影機で見せている先生の授業にヒントを得て企画開発しました。

また、教育同人社は全ての教材に編集責任者だけでなく担当編集者の名前を明記しています。これは担当編集者ひとりひとりが責任を持って教材を作っているという決意の表れで、教育同人社独自のものです。

「わかりやすい授業」を実現するICTソフト・ツール

全国の学校ですすめられている「教育の情報化」。ICTを活用して児童生徒の学力を向上させる取組みが各地で行われています。しかし、導入されたICTが充分に活用されていない学校が多くあるのも事実です。
教育同人社は『学校教材×ICT』をテーマに学校教材とICTを一緒に活用して「わかりやすい授業」を実現できるよう、ICTソフトとツールも創造性と先見性をもった独自視点で企画開発を行っています。

漢字デジドリル
『漢字デジドリル』は、プレゼンマウスの進むボタンをクリックするだけで画面が切り替わります。この機能があることで机間指導中に画面の切り替えができ、授業のリズムを崩すことなく漢字指導を行なうことができます。

マスクシート
また、一斉授業に適した実物投影機はとても便利なICTですが、投影したくない場所まで映ってしまうため、児童がどこを見てよいのか戸惑ってしまうという声もありました。そこで、ドリルの紙面構成に合わせたオリジナルの『マスクシート』を開発。シンプルなツールですが、先生の指示を焦点化できるので児童が集中して学ぶことができます。

このように、独自の視点を取り入れより質の高い授業を行うための教材やICTソフト・ツールの他、テスト・ドリルと対応した年間指導計画表や成績表の作成・管理支援など、先生の業務サポート分野での独自技術の開発や特許の取得にも積極的に取り組んでいます。

教育同人社の特許・実用新案取得・出願項目一覧

図書教材

■計算ドリルノート教師用

特許出願中

計算ドリルノート教師用
計算の過程が確認できるので、間違えたところの確認など採点がしやすい教師専用のドリルノート。

■ノート見本帳

特許出願中

ノート見本帳
ノートを選ぶための見本帳に、ノート活用の指導法をわかりやすく解説したノート指導マニュアルを保存版として収録。(学校教材活用指導法研究会:協力)

■英語リスニング用教材

実用新案 第3203417号

ノート見本帳
英語のリスニング教材に、出題内容を整理するためのマッピング機能を取り入れた画期的な教材。
ICTソフト・ツール

■漢字指導システム
(漢字デジドリル)

特許出願中

漢字指導システム
プレゼンマウスを使って操作できるため、パソコンから離れて机間指導が可能に。授業のリズムを崩すことなく漢字指導を。

■学習支援システム及び
学習支援プログラム
(指書きレッスン)

特許出願中

学習支援システム及び学習支援プログラム
学習者用のタブレットパソコン用学習支援システム。児童の学習状況が一目でわかるため、机間指導の際も児童の状況にあった指導が可能。

■マスクシート

特許出願中

マスクシート
見せたいところだけを表示し、先生の指示を焦点化できるので、児童が戸惑わず集中して学ぶことができる。

■書きこみシート

特許出願中

書き込みシート
教材をはさんで、映して、書いて、消せる。電子黒板なしでも教材に書きこんでわかりやすく指導。
ICTソフト・ツール

■教育教材ナビゲーション・システム

特許 第5760274号

成績表作成支援
前時の指導内容や学習状況に応じて、適した教材を「リコメンド」機能が自動的にオススメ。
成績表作成支援

■成績表作成支援

特許出願中

成績表作成支援
テストの得点入力を、キーボードを使わずマウス操作だけで簡単に入力可能。

■校務システム連携用
成績管理システム

特許出願中

校務システム連携用成績管理システム
校務支援システムとの連携を、ミスが発生しないよう安心・安全、そして簡単に。

ページトップへ